自作武器を作ろうず

<!--リトルカブにカブ90(HA02)のエンジン積んで,ペットボトルロケットでロケットランチャーを作り,ChromebookでETロボコン出て,Arduinoでウンコ妨害装置る沖縄の学生のブログです。院生になりました-->


一部の記事及びコンテンツを無期限で非公開とさせていただきます。

スポンサードなんとか

  先日警察の方からお電話がきまして,曰く「ブログの記事内容に関して事実確認をしたいので署まで来てほしい」とのこと。翌日,警察署にお伺いして然るべき説明をし,警察の方からも理解を得ることが出来ました。


  どうやら当ブログのカラフル火炎放射器(炎色反応を使った遊び)の記事を誰かが警察にタレコミしたらしく*1「事実確認」と言うかたちでお電話が私の所に来た次第です。

  今回私が受けたのは単なる「事実確認(法律的な意味は皆無」であり,当然ですが前科もなければ前歴もついてません。あくまで「ちょっとタレコミ(通報)が有ったから一応こうやって事実確認をしなきゃいけないんだ。けどこれで罪に問われるわけじゃないから安心して。きみ何も悪いことしてないでしょ?」と言った感じで警察の方も最初から私の行いに違法性がないことを確認した上での事実確認でした。


  しかしカラフル火炎放射器の実験を河川敷(よく花火のゴミが落ちている)で行ったことに関して このような実験は管理された施設の中(設備の整った実験室や,許可を取ったグランド等)で行うようにと注意をいただきました。


  これに関して私は軽率に河川敷で行ってしまった過去の愚行を悔い,警察の方に今後は河川敷でこのような実験は一切行わないことを約束しました。
  そもそも論ですが,カラフル火炎放射器を作ったのも記事を書いたのも4,5年前の事であり,それ以降今日に至るまでこのようなカラフル火炎放射器の実験は一度も行っておらず今現在可燃性の高い薬品をアパートに隠し持っていないことも併せて伝えました。


  カラフル火炎放射器という名前を付けてしまいましたが,やっていることはホウ酸の炎色反応の付いた火を2メートルぐらい飛ばして火遊びしているだけなので,火遊びを直接的に取り締まる火遊び禁止法なんて無い訳で*2,もちろん全くもって罪には問われなかったのですが,このような形で誤解を与え世間様をお騒がせしてしまったことは事実です。


  この場を借りて深くお詫び申し上げます。


  つきましては,下記のコンテンツを無期限で非公開とさせていだきます。

  • 炎色反応を使ったカラフル火炎放射器にまつわる記事及びコンテンツ
  • スチールウール花火にまつわる記事及びコンテンツ
  • その他,私が非公開にすべきだと判断した記事及びコンテンツ


何卒,ご理解の程宜しくお願いします。
  今後とも当ブログを宜しくお願いします。




文責:てぽ丼(teppdone)
投稿日時:2017/12/07 0:40
最終更新:まだ初回投稿以降に再編集はしてません。

*1:恐らく,いわゆる「サイバー課」のような所

*2:しかし燃えやすいものの近くで火を使ったら軽犯罪法に抵触しますし,火事が発生して実害が出たらそれも罪に問われます。携帯していても軽犯罪法ですし,殺傷能力を持った本格的な火炎放射器ともなれば武器等製造法に抵触します