自作武器を作ろうず

<!--リトルカブにカブ90(HA02)のエンジン積んで,ペットボトルロケットでロケットランチャーを作り,ChromebookでETロボコン出て,Arduinoでウンコ妨害装置る沖縄の学生のブログです。院生になりました-->


秋月に売ってる部品でコッククロフト・ウォルトン回路の作り方

💰工作の部品代に回します

  以前,こんなん(使い捨てカメラに空中放電させてみた - 自作武器を作ろうず)とか,こういうの(脅威の2万ボルト!!使い捨てカメラに30段のコッククロフト・ウォルトン回路を積んでみた。 - 自作武器を作ろうず)作りましたが,この時使ったコッククロフト・ウォルトン回路の作り方について書きたいと思います。

f:id:teppodone:20170730221547j:plain

  「コッククロフト・ウォルトン回路って何ぞや??」って話はここではしないので,適当にググってください。



材料

汎用整流用ダイオード 1000V1A 1N4007(20本入)
汎用整流用ダイオード 1000V1A 1N4007(20本入): 半導体 秋月電子通商-電子部品・ネット通販

   耐圧 1[kV] のダイオード。20[個] 入りで,お値段 100[円] となっております。

【2018/08/24】追記  なーーんか実は1N4007はCW回路向きではないらしく(もちろんバチバチして遊ぶには十分つかえる),いまTwitterで1N4007を使ったCW回路に対してマサカリがガンガン投げられます*1。もっとちゃんと計算して交流電源の周波数をカバーした―いわゆるファストでリカバリーな―ダイオードを使ったほうが,もっと効率的にバチバチ出来るらしいです。知らんけーどー。*2




セラミックコンデンサ 1000pF1kV±10% B特性 (10個入)
セラミックコンデンサー 1000pF1kV±10% B特性 (10個入): パーツ一般 秋月電子通商-電子部品・ネット通販

   耐圧 1[kV] のコンデンサ。こちらは 10[個] 入で,お値段 50[円] 。



片面ガラスコンポジット・ユニバーサル基板 Cタイプ めっき仕上げ (72x47mm) 日本製
片面ガラスコンポジット・ユニバーサル基板 Cタイプ めっき仕上げ (72x47mm) 日本製: パーツ一般 秋月電子通商-電子部品・ネット通販

  別にコレじゃなくてもユニバーサル基板だったら何でも良いかと思います。ちなみに上記のユニバーサル基板でコッククロフト・ウォルトン回路を作ったのですが,基板一枚あたりコンデンサ40個(4パック)とダイオード40個(2パック)乗りました。



あと必要なのは適当な導線ぐらいです。




回路図

  コッククロフト・ウォルトン回路は,よく下記のような回路図で書かれてることが多いですので,それに従って回路を組めば良いのですが…
f:id:teppodone:20170730140830p:plain


  ちょっとしたコツです。ユニバーサル基板に対して下記のような感じで隙間なく部品を配置していくと,横2×縦5 マスで1段の回路が組め,ユニバーサル基板1枚で20段のコッククロフト・ウォルトン回路(ダイオード40個,コンデンサ40個)が作れます。
f:id:teppodone:20170730221549p:plain
f:id:teppodone:20170730140849j:plain





耐圧

  コッククロフト・ウォルトン回路は,それぞれの段に入力の二倍のピーク電圧がかかる*3ので,今回のコッククロフト・ウォルトン回路だと,入力の交流電圧のピーク電圧 500[V] のものまで使えるということでしょうか。



おわりに

CW回路の原理とか出力電圧の理論値とか損失がどうとかはググってください。
  でもまぁ30段組めば,使い捨てカメラにバチバチ言わせるだけの電圧は十分作れます。

 うっかり磁気カードや電子部品にビリビリ当てて壊さないように気をつけてください。






日記

  母艦のパソコンの内蔵ハードディスク壊れた…
 アマゾンに発注したけどはよ届かんかね。

*1:そういや俺も昔1N4007で作ったなぁと思い出にひたりながら「1N4007 CW回路」でググったら…真っ先に本記事が出てきて本当にゴメンナサイって顔して本土に土下座してます。

*2:まぁでもN4007でCW回路組んでバチバチして遊ぶのは,電子工作初学者がみんな通る道っぽいんで,登竜門と思って気にせずくぐりましょう。それっ!⚡

*3:「この種の電圧増幅器の最大の利点は、カスケードの各段に加わる電圧が入力電圧ピーク値の2倍に過ぎないことである。」,コッククロフト・ウォルトン回路 - Wikipedia,2017/07/30閲覧

Copyright © 2012- piyo teppodone