自作武器を作ろうず

<!--リトルカブにカブ90(HA02)のエンジン積んで,ペットボトルロケットでロケットランチャーを作り,ChromebookでETロボコン出て,Arduinoでウンコ妨害装置る沖縄の学生のブログです。院生になりました-->


ある日突然カブの燃調が合わなくなった忘備録

スポンサードなんとか

あらすじ

  5/1のバイト帰りあたりから急にアクセル捻り始めでボコつき,まともに走らなくなってしまいました。プラグを見ると真っ黒。どうも濃くなったみたいです。


f:id:teppodone:20180503230422j:plain
PB16。エイプ純正のキャブ。


症状
  • アイドリングはいつもどおり安定してる。
  • アクセルの捻り始めで急にボコつき,高確率でエンストする。プラグの色も真っ黒で恐らく濃すぎ。
  • 何とかエンストさせずにアクセル全開まで持っていけば問題なく走れる。
  • アクセル開度 1/4 ~ 2/4 あたりがボコつきゾーン。
  • エンジン温まっても症状に変化なし



原因の予想と,その対策

  たぶん,ここ最近で気温が暖かくなってきて燃調が濃くなったんでしょう。夏と冬でキャブセッティングを替えなきゃいけないというのはバイク界隈ではよくある話です。詳しいことはググってください。ましては僕のカブは,外気の温度や湿度をダイレクトに受けるパワフィル仕様。春の暖かさが燃調を狂わせてると信じて疑いませんでした。

結論から言うと全然違いました。

  そうとも知らず「ハイハイ燃調燃調。適当にニードルいじれば良いんでしょ。」と思ってニードルのクリップ位置を上げ(燃調を薄く)しましたが,一向に症状は改善されませんでした。



本当の原因

  ニードルジェットのゆるみが原因でした。手で回して回るぐらいユルユルで,本来の位置から5ミリぐらい下がってました。

  ジェットをちゃんと締め直してあげると,さっきまでの不調が嘘のように,高回転まで気持ちよく吹け上がりるようになりました。そりゃそうだ。

  なるほど,そりゃアクセル捻り始めが全然ダメなのに全開時は何事もなかったかなように走るわけだ…そもそもバイトの行きと帰りで20度30度も気温差が有ったわけじゃないのに燃調が突然狂うってところで何かおかしいと気づくべきだった…悔しい…ジェットニードルのクリップ位置を下から順番に試して全部ダメやんけとか言ってた労力は何だったんだ…まぁ1時間もかからなかったのでヨシとします。


  という訳で,「ある日急に燃調が濃くなった」ときは,ジェット類のゆるみが原因かも知れません。







【日記】
  5月病ってやつなんですかね。せっかくのGWだってのに,作りたいものがなくてウダウダしてます。ダーメだこりゃ。