自作武器を作ろうず

<!-- リトルカブにハイコンプ組んだりペットボトルロケットでロケットランチャー作ったり、Arduinoで赤外線ラジコン作ったり、JavaScriptでしょーもないアプリ作ったり、「レビュー」の名のもとに意味もなく買ってしまったガジェットの自慢する暇な大学生のつれづれなるままなブログです。 -->


携帯文具兵器!ペン改造銃(ボールペンマスケット)作ったったw

広告

  今回は、一気に工作のレベルを下げて「ペン改造銃」

…なる物を作ってみたいと思いまーす。

俗に言うサラサ銃とかいうヤツです

f:id:teppodone:20170720192003j:plain

  うるせぇ、そこ、「中学生の工作かよw」とか言うんじゃない。僕ね今、受験生だから工作してるようなヒマは無いんですよ。うん。(震え声

  さ、そんな訳で早速作ってみたいと思います。



材料

SARASAのボールペン
  「SARASA以外でも出来る」なんて話も聞いてますが今回はベーターにSARASAを。
ゼブラ ジェルボールペン サラサクリップ 0.7 10色 JJB15-10CA

ゼブラ ジェルボールペン サラサクリップ 0.7 10色 JJB15-10CA

(クリックで詳細)


押しピン等
  ダイソーだと「オフィスピン」という名前で売ってます。105円で500gとかスゲー。


(クリックで詳細)


テキトーなバネ
  クラスのみんなに「壊れたボールペン下さい」と頭を下げて回りましょう。



空になったボールペンの芯など
  弾です。別に竹串とかでも良いんじゃなでしょうかね??



工具

カッターナイフ
ところで「肥後守」カッチョいいですよね。(クリックで詳細)


瞬間背着剤
  今回はダイソーの瞬間接着剤を使用
セメダイン 超多用途 接着剤 スーパーX クリア P20ml AX-038

セメダイン 超多用途 接着剤 スーパーX クリア P20ml AX-038

(クリックで詳細)



作り方

本体
  まずは、SARASAをバラします。
f:id:teppodone:20170720193113j:plain

  そして、このパーツを・・・・
f:id:teppodone:20170720193126j:plain

  いい感じにぶった切ります。
f:id:teppodone:20170720193142j:plain

  そしてこの順番でパーツを組み立てます。
f:id:teppodone:20170720193204j:plain

はい!これで本体は完成です!!


  何かテキトーな棒を突っ込んで、カチッと音がして↓こんな感じにセット出来ればオッケーです。

f:id:teppodone:20170720193219j:plain

  バネの強さや数を増やせば飛距離や威力は大きくなるのですが、同時に暴発しやすくなります。
  その辺りはご自分で調節して下さい。



プロジェクタイル
・・・・はい、今回の工作があまりにも物足りなさすぎるのでカッコ付けて「プロジェクタイル」と呼んでみましたが、早い話「弾」の事です。

  空になったボールペンの芯等に
f:id:teppodone:20170720193238j:plain

  瞬間接着剤で押しピン等を接着します。
f:id:teppodone:20170720193254j:plain

  あとは接着剤が乾くまで待機

  ハイ。完成。


・・・・チクショウ、物足りねえ。



使い方

  テキトーな棒でカッチと言うまで押して、セット
f:id:teppodone:20170720193219j:plain

  銃口から弾を入れる
f:id:teppodone:20170720193527j:plain

  よく的をねらう(当然ですが、銃口をしたにむけると弾が落ちます)
f:id:teppodone:20170720192003j:plain

  あとはボタン(本来、クリックするところ)を押せば発射ー
f:id:teppodone:20130730231844j:plain



注意事項

【針が飛んできます】
  弾体の先端は針です。目とかに当たったら洒落にならないレベルで危険なので飛ばす方向には絶対に注意しましょう。


【”不要物”です】
  ペンの形してるけど、ペンじゃなくてボールペンマスケットです。
  筆箱にこっそり忍ばせてて、先生に見つかり、没収されても僕は知りません


【自己責任】
  このボールペンマスケットだけではなく、このブログに記載されてる全ての内容の追実験は自己責任で行って下さい


ま、そんな訳で暇な時にでも作ってみて下さい。
  消しゴムのカスを丸めたヤツを弾にして授業中に嫌なヤツの頭に当ててやりましょう(笑)