自作武器を作ろうず

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自作武器を作ろうず

<!-- リトルカブにハイコンプ組んだりペットボトルロケットでロケットランチャー作ったり、Arduinoで赤外線ラジコン作ったり、JavaScriptでしょーもないアプリ作ったり、「レビュー」の名のもとに意味もなく買ってしまったガジェットの自慢する暇な大学生のつれづれなるままなブログです。 -->


汚物は消毒だぁぁぁあ!!!!火炎放射器の作り方

  色とりどりの火炎が中を舞う姿って,まさに芸術的ですよね。
  ということで,今回はカラフルな火を飛ばす装置について書きたいと思います。

  「火炎放射」とタイトルにはありますが,この工作の目的はあくまで,カラフルな炎が空を舞うのを鑑賞して「わーきれー」といって楽しむための装置を作ることであり,いわば『花火の延長線上のもの』な楽しみ方をゴールとしています。だからガソリン等は使わず敢えて火力のショボいエタノールにしています。カラフルファイヤーを楽しむにはそれで十分だからです。

  この期に及んで言うまでもありませんが,上記の目的以外での使用は絶対にやめてください。



※やる場合は自己責任で行ってください。
当方は一切の責任を負いません。


材料

・燃料・・・・燃料用アルコール

 薬局で売ってるヤツを買いました。500mlで350円〜500円弱です。
 そーいやグッディの理科コーナーにも売ってます。
 最近ではハンズやホムセンの理科コーナーでも売ってるみたいですね。

(クリックで詳細)

・射出機・・・・加圧式の霧吹き

 あのキュコキュコしてタンク内に圧をかけるタイプの霧吹きです。
 これもホムセンで。一般的なものだと1000円ぐらいで買えるでしょう。
 一時期ダイソーに315円で売ってたんですがねー。

 もしかしたら水鉄砲等でも代用できるんじゃないですかね??
 成功事例があれば教えて下さい。

(クリックで詳細)

・着色料・・・・ホウ酸 3g×12袋 (199円)

 今回の火炎放射器の最大の特徴。
緑色の炎です。

 この炎の色はどうやって出しているのかというと、火色反応を利用しています。
 火色反応ってのは、簡単に言ったら「燃やしたら色の付く物質(主に金属)」のことです。花火の美しい色にも利用されています。・・・・火色反応についてグダグダ書いても面白くないのでここら辺で割愛します。火色反応自体は非常に簡単な話なので気になった方は自分で調べて下さい。

 で、今回は「ホウ酸」を燃料に混ぜて着色(?)を行いました。
・・・・え?「ホウ酸って何??」ですって??

 薬局行って目を凝らして下さい。フツーに売ってますよ。買うのに免許とか要りません。高校生の僕でも買えました。

なお、ホウ酸で炎色反応を行う場合は有毒ガスが出るらしいので気をつけましょう。
・・・・と言っても室内でやる訳じゃないんだし、風向きに気をつければ大丈夫だと思います。

(クリックで詳細)

・着火装置(火口)・・・・チャッカマン (105円)


(クリックで詳細)


 「火口」を「ヒグチ」って呼んだヤツ挙手。
・・・・本当は「ほくち」と読みます。テスト出るので覚えときましょう。

 要は、噴射した燃料への着火方法です。
絶対に柄の長いチャッカマン等を利用し、火と燃料タンクが極端に近い着火装置、すなはちライターなどの仕様は絶対に避けましょう。
 コレを守ったからといって安全性を保証する気はさらさら有りませんが、怪我したくなけりゃ守っとくのが吉です。

ちなみに、僕は100均のライターを使って実験を行ったところ


実験中に燃料がライターにかかる

その燃料に引火

だんだん熱でライターのプラスチックが溶ける

ついにライターの燃料タンクに穴が開く

その瞬間にライターの燃料がガスとなって高速で吹き出す

もちろんそのガスに引火

慌てて踏んで消そうとする

余計に変形してさらに大量のガスがでる

そして軽く爆発する(主に僕の足の下で)

爆発の瞬間の写真(クリックで拡大)
一番上の動画の1:18〜1:20の部分です。

※幸い怪我はなく、この直後に消火スプレーを持って待機してくれていた友人氏の賢明な消火活動によって火は無事に消し止められました。


・消火装置・・・・消火スプレー(990円)、バケツ等

 絶対に用意しときましょう。
消火スプレーはホムセンなどで1000程度で売ってます。

(クリックで詳細)


総額:だいたい3000円有れば作れます



作り方

1.燃料用アルコールににホウ酸を溶けるだけ溶かす。
2.加圧式の霧吹きに 1.で作った燃料を入れる

・・・・・・・これだけです(笑
なんて簡単なんでしょう。



使い方

1.加圧式霧吹きをキュコキュコする
2.加圧式霧吹きを持っていない方の手でチャッカマンを持つ
3.チャッカマンの火を加圧式霧吹きのノズルで灯す
4.後は燃料を噴射するだけ


使い方も、すっごく簡単です



手軽に作ることが出来るので是非一度お試しくださいね(^^)



関連記事自作火炎放射器の再実験の様子をyoutubeにうpしたお
汚物は消毒だぁぁああああ




ヤマトプロテック エアゾール式簡易消火具 【直撃消火】 AE-400

ヤマトプロテック エアゾール式簡易消火具 【直撃消火】 AE-400