自作武器を作ろうず

<!-- リトルカブにハイコンプ組んだりペットボトルロケットでロケットランチャー作ったり、Arduinoで赤外線ラジコン作ったり、JavaScriptでしょーもないアプリ作ったり、「レビュー」の名のもとに意味もなく買ってしまったガジェットの自慢する暇な大学生のつれづれなるままなブログです。 -->


その5 ダーツガンの実験企画

スポンサードなんとか

ダーツガン。
 コイツはダーツを発射する強力な代物ですが、日本にも昔から「和弓(弓矢)」と言う、竹の弾性力を利用して高速、高威力で矢を飛ばし、獲物をしとめる文化が有りました。

そして現代では武道、もしくはスポーツとして親しまれています。

そうです。弓道です。


ってな訳で
てぽ丼特製ダーツガン
弓道部の和弓
どっちが優れているのか!?


・・・・という実験を近日中にやってみたいと思います。

その下準備として、まずは「優れている」の定義です。

威力の比較
 力学的エネルギーの理論値で比較します。空気抵抗、摩擦等は無視。

命中精度(グルーピング)
28m離れた場所から、10本の矢を放ち、直径32cmの的に何本当てる事が出来るか・・・・という、一般的な(少なくとも僕の学校では一般的です)弓道ルールで統一します。


 連射性能については比較しません。
 と、いうのも、弓道部さんはわざわざ連射なんてしないからデータの取りようがないんですね。

んじゃ次は、弓道部の和弓の威力とグルーピングを入手したくらいに更新しますね
バイバイ_〆(・ω・*)