読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自作武器を作ろうず

<!-- リトルカブにハイコンプ組んだりペットボトルロケットでロケットランチャー作ったり、Arduinoで赤外線ラジコン作ったり、JavaScriptでしょーもないアプリ作ったり、「レビュー」の名のもとに意味もなく買ってしまったガジェットの自慢する暇な大学生のつれづれなるままなブログです。 -->

QLOOKアクセス解析

Chromebookマンのワイ,2016年入れてよかった Google Chrome 拡張機能を自慢する

ChromeBook

Google Chrome はいいぞ^~

  みなさん大好き Google Chrome。僕は好きです。

  魅力は様々ですが,中でも拡張機能Chromebook で窓とリンゴを相手に互角に戦う僕にとって拡張機能は大きな武器です。
なーにが アイハバアッポーじゃ

【目次】


拡張機能のショートカットについて

  その前に,これら拡張機能任意に設定したショートカットキーで起動できるんですが意外と知らない人が多いです。探せば色々出てくるんですが,下記のヨッセンスさんのページが分かりやすいでしょう。yossense.com  以降,「ショートカットキー」と言ったらこの拡張機能のショートカットキーを指すこととします。

  それでは早速本題に移りたいと思います。


アカウント持って無くても使える拡張機能

ぷち関数電卓 : 「Cloudy Calculator」
chrome.google.com  ヤフオクの送料の概算だったり,ネットに落ちている回路の抵抗値の計算などなど,ネット見ながら電卓が必要な場面って結構多いと思います。しかし,その度に普段使わない電卓アプリを検索して起動するのは面倒ですし,わざわざ関数電卓をバッグから引っ張りだすのは更に億劫です。

f:id:teppodone:20150301213605p:plain

  という訳で,ブラウザに関数電卓入れときましょう。ショートカットキー設定しとけば更に便利です。たかが電卓と思うかもしれませんが,意外とあなどれない。



ワンクリックで自動翻訳 : 「Google 翻訳」
chrome.google.com  インターネットの普及によって海外のサイトも自由に見ることが出来る素晴らしい世の中となりましたが,残念ながら僕らの脳は全然グローバルじゃありません。読めんのじゃ英語。

  そこでコレです。ドラッグするだけで英語の翻訳が出来てしまうのは本当に捗ります。上記の電卓同様,いちいち電子辞書持ってきたりするのは面倒ですしね。特に,最近Google謹製ディープラーニングが実装されたらしく,文章まるごと翻訳も以前より高い精度で翻訳してしまいます。



ワンクリックで英和辞書 : 「Weblioポップアップ英和辞典」
chrome.google.com  似たようなのにWeblioポップアップ英和辞典があります。コッチは辞書らしく一つの単語についてGoogle 翻訳の何倍も詳しい単語の意味が出てきて,まさに「英和辞典」という感じです。が,やはり英和辞典なので文章まるごと翻訳は拡張機能ではできません。

f:id:teppodone:20150301213645p:plain

  なので,文章翻訳なら Google 翻訳
  英和辞書なら Weblioポップアップ英和辞典 でしょう。一長一短です。


地震監視するやつ : 「強震モニタ Extension」
chrome.google.com  最近地震多いですからね。実際問題,地震を感知してから自分のとこに揺れが来るまでの猶予はほんの数秒しかありませんが,頑張ればエロ動画の入ってるHDDをぶっ壊すぐらいは出来るはずです(?)

  ただ,たまに誤報を鳴らしてきます。強震モニタが 「ピッピッ!! 震度 5 東京 」とか言ってるのにツイッターが静かだなと思ったら間違いなく誤報です。



ツイッターの画像を一発で拡大表示するやつ : 「twitter画像原寸ボタン」
chrome.google.com  Twitterで流れてくるほっこりする漫画とか,見たいんだけども字が小さすぎてパソコンからだと毎回「右クリック→新しいタブで画像を開く」するのは面倒です。それも画像4枚となると読む気失せます。

という訳でコレ。捗ります。
  そして何と,みんな大好き Tweetdeck にも対応してるんですねスバラシイ!!



通信量ケチるやつ : 「データセーバー」
chrome.google.com  スマホテザリングって便利ですが,通信量がどうしても気になるところ。でもコレが有ればGoogleのサーバーにページを圧縮してもらうことで,若干ですが通信量が抑えられます



Gmail とか Googleカレンダーとか Googleアカウント関連の拡張機能

Gmailの新着確認するやつ : Checker Plus for Gmail
chrome.google.com  わざわざGmailのページ開かなくてもメールの確認が出来ます。

f:id:teppodone:20161229120434p:plain

  今までは,スマホのメール通知音を聞いたらとりあえずGmailにアクセス ⇒ 読み込みにクソ時間かかってやっとこさ開け ⇒ 何や,ただのナニナビの就活のスキルアップ云々かよ() ということが多々有ったのですが,この拡張機能では何件のメールが未読状態か常に表示されてて,ワンクリックでメールの内容が見れます。もちろんメール作成,アーカイブ,削除なんていった簡単な操作も出来てしまいます。

  さらに複数のアカウントのGmail にも対応してるのもありがたいポイントですね。



Googleカレンダーの予定リスト表示するやつ : Google Calendar (by Google)
chrome.google.com  Gmail同様,Googleカレンダーも開くのに時間のかかるページでして,予定を確認する度に毎回開くのは面倒です。
  そこで,ワンクリックで今後の予定と開始時間を表示してくれるのがコレ。

  おまけに,アイコンには次の予定までの時間を表示してくれます。



宗教上の理由で Office 使いたくない人の味方 : 「ドキュメント、スプレッドシート、スライドで Office ファイルを編集」
chrome.google.com  Chromebookマンの僕には欠かせない拡張機能です。宗教上の理由から wordは使わず Googleドキュメント,Excelはなるべく避けてGoogleスプレッドシートですが,残念ながら世間では word や Excel が圧倒的多数。でもこの拡張機能が有れば先輩から貰った word 形式のレポートも,Excel 形式の実験データも怖くありません



別のアカウント必要だけどめっちゃ便利なやつ

ボタン一つではてブするやつ : 「はてなブックマーク
chrome.google.com  便利です。ショートカット設定すれば,無敵。
  お,ええなと思ったArduinoや電子工作してるページや,Twitterで話題のレシピ,トランプのコラ画像なんでも「とりあえずブックマーク」が出来るので大変重宝してます。

f:id:teppodone:20150301213547p:plain



魚拓をEvernoteに保存するやつ : 「Evernote Web Clipper」
chrome.google.com  航空券の確認番号が表示されてるページとか通販の「以下の内容で注文を確定します」のページ、SNSとか各種WEBサービスの「ご登録頂いた内容は下記の通りで間違いないですか??」のページとかを、魚拓にとっておくととても捗ります。ブックマークと違って、ページそのもののコピー(バックアップ)をEvernoteに保存しますので元ページが削除されても見ることが出来る。というのが非常に信頼性の高い部分ですね。
f:id:teppodone:20150301213511p:plain



  僕がよく使う拡張機能はこんな感じです。
  他にも SSH 接続するやつとか,プロキシ繋ぐやつとかもあるのですが,ちょっとマニアックすぎるので今回は割愛。

  また,僕はこれら拡張機能と併せて便利なWebアプリでゴリ押しして窓やリンゴに負けない環境を作ってます。これも近いうちに紹介しようかな。


ではまた







【今月の日記】

・ネズミの国に納税してきました。


楽しい!!✌('ω'✌ )三✌('ω')✌三( ✌'ω')✌
推しメンはルミエールです。



・Zenfone3Laser!!オッヒョホオヒョーーーーー(語彙力


  注文してもZenZen届かないんで,ZenZenZen世からZen裸待機してたら,その日の晩に熱が出ました。
  いやそれにしても本当に凄い。何と言っても1300万画素,0.03秒レーザーオートフォーカスは伊達じゃない。今度レビュー記事書きますね。



・親友の焼いたアッポーパイ。


  これがスズキの力…とても美味しかったので,お返しにみんな大好き Raspberry Pi を焼こうと思います。

ETロボコンの開発を無理矢理Chromebookでやってみた(C++)

ETロボコン ChromeBook

【~前回までのあらすじ~】
  窓や林檎を尻目に Dell Chromebook 11 で開発を続け,CS大会当日も「リーダー,今日までChromebookで開発してきました」ってドヤったのに…懇親会では思いのほか誰にも触れてもらえず,今やこの無駄ノウハウも過去のものと忘れ去られようとしてた…

否,「ETロボコン Advent Calendar 2016」が有るではないかッ!!!


ChromebookETロボコンの開発を行うノウハウについて

  はじめまして。デベロッパー部門 プライマリークラス 沖縄地区 チーム「ロボんちゅ」のリーダーです。と,いう訳で,こんな誰得情報どうすんねんという声も聞こえますが ChromebookETロボコンの開発を行うノウハウについて書きたいと思います。

  なお,ココに書いてある情報を試してみてお手持ちの Chromebook が壊れる等損害が発生しても当方は一切の責任を負いません。ちゃんとデータは Googleドライブにバックアップした上で,自己責任で行ってください。


【目次】


開発環境の構築方法

  やってることを端的に説明しますと Chromebook(ChromeOS) の上に Ubuntuデュアルブートして,Ubuntu 上で開発というからくりです。
  お気づきかと思いますが,いろんな弊害が出てきます。これは後ほど。


では具体的な手順です。

1. ChromebookUbuntu が動くようにする
  まずはこちらの記事を参考に ChromebookUbuntu 14.04 を導入します。今回は Unity(desktop)を使いました。
chromesoku.com
  本当は GariumuOS とか Xubuntu Lubuntu 等の軽量デスクトップを使いたかったのですが,何故かインストール出来なかったりクラッシュしたり,挙句の果てには ChromeOS 自体まともに動かなくなったりという弊害が出まくったので Unity にしました(Fig.1)。

f:id:teppodone:20161210143632p:plain
Fig.1 Ubuntu 14.04 Unity desktop が Chromebook 上で動くの図


2. UbuntuETロボコンC++の開発環境を導入
  次に,この Ubuntu の上に開発環境を構築します。こちらは,Win機 や Mac に開発環境を導入するのと同様,TOPPERSさんのページを参考にして Linux 用の開発環境を構築してください。gcc コンパイラ等はすでに Ubuntuに 入っているのでTOPPERSさんのページにしたがって構築すればOKです。

DevEnv – EV3 Platform
DevEnvLinux – EV3 Platform

見てください,こんな感じでちゃんとコンパイルできます(Fig.2)。


  同様に,astah*も入れます。こちらのastah*さん公式ページ「Linuxで astah*を使う」に従って導入すればインストール…出来ませんでした。
astah.change-vision.com
  どうも「Java環境のダウンロードとインストール」が上記ページのリンク先のページの手法では上手く行かなかったので,下記のQiitaのページ「UbuntuOracle Java 8 (PPA)をインストールする(ubuntu) - Qiita」に従って Java のインストールを行いました。
qiita.com

  そして後は最初のastah*さん公式ページ「Linuxで astah*を使う」に従って「debパッケージを用いたastah* のインストール」からインストールの続きを行うことで成功しました。(Fig.2)

f:id:teppodone:20161210144121p:plain:w300f:id:teppodone:20161210144640p:plain:w300
Fig.2 ChromebookにインストールしたUbuntu上でコンパイルとastah*が出来るの図

しかしastah*は盛大にバグります。これは後ほど。


3. うまく動かすためのコツ
  「ブラウザだけしか動かさないなら貧弱なメモリやCPUでもいいよねっ!」「全部クラウドに保存してしまえばストレージなんて殆ど無くても大丈夫っ!!」という何とも偏った思想の Chromebook に,無理やり Ubunut の Unity を入れるのですから,そのままの運用では動作はもっさり。ストレージも圧迫しまくりです。あとファンクションキーも足りんし。

  これらを,改善していきます。


その1.いらないアプリを削除する
  Ubuntu 14.04 をインストールした時点でプリインストールアプリがたくさん入ってますが,ETロボコンの開発には絶対に使わないアプリはちゃっちゃと削除してストレージを開放しましょう。

  ただココで注意ですが,Bluetooth等のシステムの中核を担うアプリをうっかり消しちゃうと,「システム設定」そのものが消えてしまうことがあったりするので注意が必要です。


その2.無理やりファンクションキーを設置する
  さて,ChromebookUbuntu を入れた場合,キーボードの一番上の列のキー(音量とか照度とか全画面表示とかのキー)がファンクションキーとして割り当てられるのですが,Dell Chromebook 11 にはキーが10個しかありません。すなわち F1 ~ F10 までしか無いのです。

  これじゃ困るということで全画面表示を担う F11 キーを あんま使わない「かなキー」に持ってくるシェルを作りましょう。

#setF11.sh

bash -c "echo keycode  100 = F11 F11 F11 F11 F11 F11 XF86Switch_VT_11 F11 F11 XF86Switch_VT_11 > ~/.Xmodmap" 
xmodmap ~/.Xmodmap

  あとはコレを Ubuntu 起動時に実行させるようにしたり,ターミナルから直接 sh setF11.sh すれば,かなキーが F11 になってくれます。


  この様にキーの上にシールも貼っておくと使いやすいでしょう(Fig.3)。

Fig.3 無理矢理F11を実装するマンの図


その3.入れておくと捗るアプリ
・Geany(テキストエディタ)
  ソフトウエアセンターで「Geany」と検索したら出てきます。軽量テキストエディタを謳ってるだけあって快適に動いてくれますし,括弧の補完機能等も充実してます(Fig.4)。
f:id:teppodone:20161210150210p:plain
Fig.4 Geanyはいいぞの図


その4.おまじない
  背面にコレ貼って「得体の知れないPC感」を出し,周りを威嚇しましょう。素材置いとくので好きに印刷して使ってください(fig.5)。


f:id:teppodone:20161209200833p:plain:w320
Fig.5 Machromebook の図


わざわざ Chromebook で開発を行うメリット/デメリット

  皆さんココが一番気になるトコでしょう。

メリット
Cygwinよりもコンパイルがビミョーに早い
  Win機のスペックにもよりけりですが, ナマのLinuxを動かしてgccコンパイルするのでハードウエアスペックが同じならばコンパイルに要する時間はCygwinよりも短いです。


人気者になれる なれませんでした。
   窓でもなく林檎でもないこの Chromebook様で開発したなんて言えば,懇親会ではたちまち人気者になれるに違いない…とおもってたのですが,誰にもそんなこと言われませんでした。かなC。


威嚇になる
  かもしれません。隣の奴がよく意味の分からないOSで開発してて,更に上記のステッカーなんて貼ってるのを見た日には「…何だこいつ,よく分からんけどやべぇ」って…なるかもしれません。


デメリット
重い
  この一言に尽きます。ただでさえ雀の涙しか無いRAMとCPUで Ubuntu を動かしてるんですから,ChromeOS を動かすようなサクサク感はまず無いです。


狭い
  「全部クラウド上に保存すればストレージなんか無くても良くね??」という最高にロックなコンセプトのもとに出来たのがこの Chromebook 。なけなしのストレージにUbuntuを入れてその上に JAVAJDK とか Geany だのアレコレ入れるのですからお察しです。(Fig.6)
f:id:teppodone:20161210150737p:plain
Fig.6 ストレージ使いすぎて怒られるの図


astah* がたまにバグる
  10分に1回ぐらいのペースでこんな感じになります。一回こうなってしまったら astah* を再起動させるまで治りません。(Fig.7)

f:id:teppodone:20161210151351p:plain
Fig.7 astah*がバグるの図

  最終的に僕は Chromebook でのモデル図作成は諦め,家置きのWindows機に astah* 入れてパワポと共にモデル図を作成することにしました。astah*はこの半年間,とてもお世話になりました。モデリング初学者の僕でも,実際にモデル図を作りながら学ぶことの出来た素晴らしいツールだっただけに,いつかは是非とも Chromebook (ChromeOS上で)でも動くようになって欲しいです。


Bluetooth動かん
  これはもしかしたら Chromebook そのもののハードや Ubuntu のバージョンによりけりかもしれませんが,少なくとも僕の Dell Chromebook 11 においては Ubuntu 側から Bluetooth の認識が出来ませんでした。この Dell Chromebook 11 にはもともと Bluetooth が入っており, ChromeOS 上では当たり前に動いてくれるのですが…Ubuntu側 では Bluetooth の存在を認識してくれません。

  くそう仕方ねぇなと BluetoothのUSBドングル買ってきたのですがコレもダメ。あとからログを取って判明したことなのですが,BluetoothのUSBドングルに至っては「何かUSBに刺さってる」って反応すら検出されませんでした。あべし!!

  結局僕らは,チームメンバのWin機(富士通FMV)の Bluetooth でリモートスタートさせることに。なんか負けた気がします。


結局 Chromebook で開発するのってどうなん??

はっきり言って,何にも良いことありません。
とってもオススメできません。
身をもって体験しました。

  悪いことは言いません。手元に Windowsバイルノートが有れば大人しく Linuxデュアルブート又は Cygwin 入れましょう。間違っても Chromebook みたいな端末で無理やり開発しようなんて思ってはいけません。


Q. じゃぁ,この記事はどんな人におすすめなのか

A. 持ち運び用ノートが Chromebook しかない人
僕がまさにこれです。

  まだ Chromebook が出た頃。すなわち「Win機よりも格安のノートPC!!」として売られてた頃(まだ格安 Win 機がメジャーじゃなかった頃)にその安さと軽さとオリジナリティそして変態感に魅せられて出先でのサブ機として Chromebook を買ったのです。

  そしてこの度,ETロボコンの開発環境を構築必要が出てきて…しかし持ち運びノートに Win機 は無いという状況だったので,こんな誰得ノウハウの記事が出来上がってしまったわけですね。

  いわゆる北風がバイキングを作ったぞ的なアレ。



  以上で,ChromebookETロボコンC++ の開発環境を構築して,実際に運用してみたレポートを終わりたいと思います。
  最後まで読んでいただきありがとうございました。


それでは皆さん!よいChromebookライフを!!
f:id:teppodone:20161210155354p:plain:w320







ETロボコン2016チャンピオンシップ大会に参加しました。

イベントとか大会参加報告

  さて,というわけで4月からずっと続けてきたETロボコン
  そのチャンピオンシップ大会(全国大会)に 2016/11/16 に参加してまいりました。


神奈川最終戦

  結論から申し上げますと,我々チーム「ロボんちゅ」は 10 [位]/18[チーム] という何ともいえない結果に終わってしまいました…(※僕らが出たのはプライマリー部門です)

  バリバリのハード屋な機械工学科の僕らが,組込み界隈のソフト屋さんを相手に,制御ソフトの全国大会で互角に戦えたし自分でも「そこそこ頑張ったほうじゃね僕ら??」と満足はしているのですが…ウーン…でもやっぱ入賞したかったですね…

  心の何処かで「いやもしかしたらワンチャン何か賞貰えるんじゃね??」とあわよくばを期待してましたが全国はそんな甘くなかった。
  同じハードウェアの勝負だし,ウチのロボットは常にモータの出力 100% になるように走らせてるし,理論上は難所全部クリアできれば何か賞取れるで賞と思ってましたが,トップクラスの人たちとは走ってるコースが違いました。
  そして僕らもルールの読み込みが甘かった。「沖縄勢は例年,資料の読み込みが甘い傾向にあります」って5月の最初の技術教育で本部審査団の方に言われたので気をつけていたつもりだったのですが。

プライマリー部門で優勝したのは roboconist㌠(日立オートモティブシステムズ 佐和)
準優勝がチームEYES㌠(株式会社アイズ・ソフトウェア)
第3位が229 TeamJISCA㌠(ジスクソフト株式会社)。
(2016/11/19現在 http://etrobo.jp/2016/taikai/championsip_result1.php より)


  roboconistさん,チームEYESさんそしてTeamJISCAさん入賞おめでとうございます!!!!

  あと詳しい順位は公式サイトの方に乗ってますので,そちらから確認してください。
etrobo.jp

  さて結果発表もこんぐらいにして猛者たちの走りを見てみましょう…と言いたいトコなんですが,公式が動画を上げてくれないことには…百聞は一見にしかずともいいますし,猛者たちの走りの感想とウチラの反省はといいますか何といいいますかは動画上がってから書くことにします。

  とりあえず今言えることは…上位チームはみんな『掟破りの地元走り』をやってました。ビビりました。まともに走ってたらまず勝てません。案の定ウチは地元走り実装してませんでした。


今まで支援していただいた皆さんへ

  ここまで応援してくれた皆さん。研究室の先生,沖縄地区実行委員会の黄色いシャツのおじ様方,大会実行委員の皆様,師匠,情報工㌠(チーム「ie-ryukyu」さん)。皆さんの助けのお陰でココまでこれました。本当にありがとうございました。入賞できなくてごめんなさい。


チャンピオンシップ大会に出られた選手の皆さんへ

   皆さん本当に速かったです。そして何よりモデル図がウチとは比べ物にならないぐらい綺麗で分かりやすかったです。僕もまだまだだなーと思い知らされました。華麗な走り,美しいモデル図を見せて頂き本当に有難うございます!!勉強になりました。

  そして本当に本当にお疲れ様でした。



余談





聞けよ…


お前ら聞けよ…



  「えっ,Chromebookでどうやって開発したんですか??」

  「WindowsMacを一切使わずクロームブック??本当ですか???凄いですね!!!!!!!!!!!!!!」

  「ついでにイケメンですね,年収いくらですか????」


…って聞いてくれよ!!!!!!!


   キャリブレーションタイムの時に「リーダー,クロームブックだけで開発してきました」って言ったし,2日目は名刺の上端にChromebookの人」って書いてたんだぞ!!構ってよ!!!懇親会の時にどんなドヤ顔で説明しようか考えてたんだぞ!!!!くそう!!!!!ひっぐ,えっぐ(むせび泣く

   でもコレも10位というビミョーな順位ではなく,もし僕らが優勝しとかしてたらきっと「あ!あのChromebookで優勝した人だ!!」ってみなさんの印象に残って質問攻めに遭ってたんでしょうね…つまりは構ってもらえなかったも自分の実力不足。なんつーかまだまだですね。

  ええ,ここのノウハウ,ChromebookETロボコンの開発環境を構築するノウハウは後日書こうと思います,もう需要がないって分かってて書くわ()

次は…いつになるかわかりませんが…というのも来年は院試をうけるつもりなので無理なんですよね。でもいつかは再チャレンジしたいと企んでおります。何年先になるかはわかりませんが,次こそは,次こそは入賞を果たしたいですね。まだまだ精進します。

  でも,大声で「リベンジしたいです!!」なんて言うと,いつも良くしていただいている沖縄地区実行委員会のオジサマに「じゃ,勿論てぽくん来年も出るよねウンウンそうだよね」って半ば強引に,言うなれば黒塗りの高級車Botの様に,にどう頑張っても来年も疲れからか不幸にもETロボコンに参加してしまいかねないのでこの位にしときます(笑





今週の高専ロボコン

  つい先程ですが,高専ロボコンの全国大会のライブ中継が有ってましたね…大分高専ッ!!!惜しかったッ!!!!!画面に食いついて地元の大分高専を応援していたのですが決勝で惜しくも香川高松に破れ準優勝。

   決勝戦であと数秒のとこで同点に追いつき審議の結果,決勝戦再試合。
   と,ここで操作ミスかマシントラブルかはわかりませんが大分高専,積み上げに手間取ってしまい,その間に着実に香川高松が塔を積み上げ優勝!!ちなみに香川高松㌠は塔の建設成功率100%だそうです。この安定性だからこそ勝ち得た勝利でしょうか。

  兎にも角にも高専ロボコンに出た全てのロボコニスト。彼らの健闘する姿はまぶしかった。
やっぱロボコンは胸熱ですね。憧れます。

【ポッキーの日】極細ポッキーのヤング率を求めてみた

機械工学 材料力学

  毎年11/11はハロウィン,バレンタイン並みにお菓子メーカーが力を入れる事で有名ですが,さぁ売店行けばポッキーだのプリッツだのトッポだのチンアナゴなど棒状のお菓子なら何でもありと売られてます。

  うちの大学の生協もまた然り。


  「ポッキーって,どれだけ強度が有るんだろう…??」
  誇り高き機械工学科の僕が自ずとこの疑問にたどり着くことは,至って自然なことでした。


  当然です。

  文系ウェイパリピーポーがポッキーゲームを通して棒状のお菓子をコミニュケーションツールにしようが,僕ら機械科,土木科,建築科そして農学部の農業土木学科の前には,ポッキーもプリッツも木材,SS400,RC造も等しく「梁」なのですから。

  そうと決まれば早速やってみましょう。


ポッキーの強度とは??

  「強度」と一言に言ってもその捉え方は様々です。

  単に強い力をかけた時の曲がりにくさを「強さ」とするもよし,いやいやどれだけ曲がっても最終的にパキっと折れなければそれが一番「強い」んだ,違う違う,材料そのものの持つ材料固有の硬さを「強さ」としよう。

  など,いろんな見地から強さは見れますが,ココでは「ヤング率」を求めることで定量的に強度を評価します。


作戦

曲げ試験を行います。
曲げ - 特に今回扱う片持ち梁の方程式(ミオソテスの方法)には下記のパラメータがあります。

・棒材の断面形状←ノギスで測定可
・棒材の長さ←ノギスで測定可
・断面二次モーメント←ノギスで測定して計算可
・ヤング率
・たわみ←定規で測定可

  これ,実はヤング率以外は定規で測れてしまうので,適当に式変形すればヤング率がでちゃうという流れになっております。


さっそく負荷をかけて曲げるンゴ

ポッキーを片持ち梁状に固定して負荷をかける。即ち片持ち梁でモデル化してヤング率を求めます。


結果

極細ポッキーのヤング率…1.17[GPa]
※参考までに軟鋼(SS400)は 206[GPa]。

  「ギガパスカル」って聞くとめっちゃ強そうに聞こえますが,「軟鋼の1/200」って聞くと,ああそんなもんか。って思えます。


Q. なんで3点曲げじゃなかったのか
A. ごめんなさい思いつきの実験だったので同じ高さの台を2つ用意できなかったからです。
  来年はちゃんと定盤とVブロック,ダイヤルゲージ用意します。


Q. ちゃんと弾性領域で測ってるの??
A. 知るか。ダイヤルゲージではなく定規の時点で計測制度もクソもないのでそんな「降伏点がココで〜」とか「お,塑性領域に入った」とかわかるわけ無いです。(一応,定規とノギスはシンワ製だけど)


Q.サンプル数は??
A. 1本です。ダメダメです。全然足りません。
  1本目を測定してる間に試験材料をつまみ食いしてたらなくなってしまいました。


今後の目標

  来年は,もちょっとちゃんとした装置(定盤,ノギス,ダイヤルゲージ)と実験方法(三点曲げ試験)で,たくさんのサンプルと色んな種類の棒状お菓子のヤング率を求めたいです。
  あとシャルピー衝撃試験もやってみたい。ポッキーでラーメンしたい。(ラーメン構造)


余談

  断面二次モーメントの関係から,たぶん中空材のトッポが最も曲げに強いお菓子じゃなかろうかと。





今週のETロボコン

※来週です。

   やべぇ…やべぇよ…本当のこと言うと,こんな記事書いてる暇じゃねぇんだよ…
   大変よろしくない。具体的に言うと,Lコースにまだガレージを実装してない…不安で不安で仕方ない。

  沖縄県と大学から支援してもらっていく全国大会なのに「何の!!成果も!!!残せませんでしたー!!!」じゃ本当に合わせる顔がない…

  ついでにロボコンから帰ってきた土日は,機械設計技術者試験だよ…実は今回のポッキー曲げ試験も,設計試験の問題を解いてたから思いついたネタなんだよ…

  ロボコンのコーディングと設計試験の試験勉強の両立,とっても難しいです。さらにロボコンも設計試験も「やりたいです!!」って言ったの僕なのに今こんな打ちのめされてるの最高にダサい。嫌ならやんなきゃいいじゃんっていう。

更に言うと,卒検の研究室配属の配属先決定も来週決まりますね…∩(´・ヮ・`)∩ンヒィ〜

来週が正念場です。頑張ります。

スピーカアンプ(CRATE TX15 (タクシー))の修理

修理 ジャグリング

注意

  真似しないでください。当然バラした時点でメーカの保証は受けられないし,これ内蔵バッテリに 12 [v] の鉛蓄電池 を使ってます。ビビる程でもないですがそこそこ電圧高いです。

  それでも当記事を参考にするのならお約束の自己責任でよろしくお願い申し上げます。当方は一切の責任を負いません。


あらすじ

f:id:teppodone:20161024002750p:plain
https://kandashokai.co.jp/flos/crate/guitar_amplifiers/tx15.html より

  僕,ジャグリングサークルに属してるんですがサークルで使ってるスピーカーアンプ『TX15』が壊れて使い物にならないと。これがないとパフォーマンスの際のBGMが流せませんしMCの喉も潰れかねない大事なものです。
kandashokai.co.jp


「コレもう修理しても高くつくし…アレだったらてぽの方で修理してもらえないかな??ダメだったら買い直すつもりだから壊しても大丈夫よw」

  とのこと。その頃ETロボコン漬けでソフトばっかいじってたので気分転換に久しぶりにドライバ握ってハンダを溶かしたわけですね。


症状

充電できん
 「気づいたら充電できなくなってた。先輩から借りてきた,生きてるACアダプタで充電してみても充電の反応がなかったので多分,充電器ではなく本体側がこわれてるよー」

とのこと。うーん,原因なんでしょ。


原因調査

  何が原因なのか,どこが死んでるのかを調べるために開けて色んなとこにテスタの足を突っ込みます。パーツの足に当ててみたり電源系に繋いでみたり…


うそつけ
  ACアダプタも死んでるじゃねぇか()

  出力がDC 15[v] のACアダプタなのですが,0.5 [v] ぐらいの電圧しかないし,そもそも電圧がすっげー不安定だし。あぁ^〜電圧がぴょんぴょんするんじゃ^〜


ツベコベ言わずくぱぁしてみましょう
  何はともあれACアダプタが原因っぽいんで開けてみましょう。
  ネジ止めだとうれしいな~と期待してたのですが…案の定,外装はモナカ構造で接着剤で固定されています。

  そりゃそうですよね。モナカ構造のモナカの切れ目に沿って糸鋸で外周をぐるっと切ります。
  『ACアダプタの修理』さん(http://www.urban.ne.jp/home/date/AC2/AC2.htm , 2016/10/23現在) のページ中盤「最後の手段はカッターナイフで〜」みたいな感じで糸鋸をゴリゴリしました。


くぱぁ
f:id:teppodone:20160830083132j:plainf:id:teppodone:20160830083338j:plain

  はい。見事に断線してますね。ハンダ付けハンダ付け…っと。

  ちなみに,整流はブリッジダイオード組んでコンデンサで平滑化してるだけの非常にシンプルな回路。


  ハンダが冷えたのでACアダプタ刺してみたら本体の電源ランプが付いたので成功です!めでたしめでたし。チョロい。意外と拍子抜けでしたね。さっさと接着剤でモナカを元通りに閉じてしまいましょう。

  あとはコレで内蔵バッテリが充電できることを確認できればOKです。


たまらん

  翌朝,ドヤ顔で「治ったぞー,感謝しろ感謝しろ〜」とグループラインに流すつもりだったのですが…
今度は充電ができない
  AC繋いだままだと運用はできます。何回も風呂場で一人カラオケ大会しました。風呂場の電球をミラーボールに変えようとも思いました。

でも内蔵バッテリの充電がうまくいかないんです。

  ちょうどその頃ETロボコンが本格的に忙しくなり始めて原因がわからないまま放置してて,それでなんやかんやあって学祭の前日(21:45)に,明日の学祭に間に合わせて修理しちゃるぜと大口を叩いてしまいました。

  直せるかどうかもわからないのに完全に調子乗って大口叩いちゃった訳ですが,残念ながら覆水さんはお盆に帰省しません。取り敢えずやってみましょう。


本体くぱぁ
 『ストリートの定番アンプ CRATE TX15 のバッテリーを交換』(http://soracielo.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/crate_tx15_1cfe.html ,2016/10/24現在)さんを参考に本体をバラしました。

出てきた基盤がこいつら。
f:id:teppodone:20160911223456j:plainf:id:teppodone:20160911215857j:plainf:id:teppodone:20160911215550j:plain

  まずは目視で,妊娠してるコンデンサや明らかに焼けてたり欠けてるパーツはないか,パーツの足が折れて断線してないか,基盤のハンダも外れてるとこが無いかを探しました…が見た感じ特に異常なし。

  ナンジャコリャと一人でブツクサつぶやきながら次はテスタを用いて断線を探しました。

  小一時間あーでもないこーでもないとやってたのですがバッテリのコネクタに関して,コネクタの内部で断線してることがわかりました。そんなん見えんわ()

 わかってしまえばこちらのものです。コネクタ周りをハンダ付けし直しまして今度こそ完成。


充電もできるようになりました。(∩´∀`)∩
ちなみに完成したのは学祭当日の午前2時。ぎりぎりせーふ。


てすと

  充電できたとは言ったものの,流石にアパートに夜中の2時にカラオケ大会するわけには行かないので学祭当日学校に持って行って鳴らしてみたらうまいこと復活してくれました,ふっふーう。


ちゃんと復活を遂げましたとさ。めでたしめでたし

ETロボコンの地区大会に参加してきました。

イベントとか大会参加報告

優勝しました

  お久しぶりです。僕です。生きてます。勝手に殺さないでください。
  と言っても,5ヶ月前に「俺はETロボコンを始めるぞーっ!!ジョジョーーーっ!!!!」なんて叫んでそれから更新がパタリと途絶えてちゃいましたからね。かなりご無沙汰しております。

で,で,で,本題なんですが



ETロボコン 沖縄地区大会 デベロッパー部門 プライマリークラスにて
・モデル部門 優勝!(エクセレントモデル)
・競技部門 優勝!!

⇒其れ即ち,総 合 優 勝 しちゃいました! ! !

…自分で言うのもアレですが情報工学専攻でもない僕達のチームが参加一年目で総ナメって,未だに自分でも信じられません。


ちなみに僕の開発端末は Chromeboook。
   机に並ぶリンゴや窓を尻目に,ただ一人 Chromebook で開発を続けました。今のところ僕の知る限りではこんなことやってる人は僕だけみたいです。そりゃそーだわな。


   そして今回優勝できたのは,チームメンバ皆の頑張りは当然ながら,全面的に支援していただいた研究室の先生,オブジェクト指向のいろはを教えてくれた師匠,コースの管理をしてくれたウチの大学の情報工㌠,何度も独自教育を開いてくれた実行委員の方,そしてスムーズに大会を進めてくれた大会実行委員会その他応援しいただいた皆さんのおかげに他なりません。

   この場を借りて心から御礼申し上げます。有難うございます。


ひいては…

チャンピオンシップ大会でも活躍する気満々なのでこれからも応援の程よろしくお願い申し上げます。!!

…です。出ます。チャンピオンシップ大会(※全国大会のこと)。
  JJFのチャンピオンシップは見れなかったけどETロボコンのチャンピオンシップは自分が選手として参加します。


   ついでに会場は横浜です。パシフィコ横浜
   以下,誠に個人的な話になってしまうのですが…僕が高3だった頃に科学部のメンバーでエリンギのポスターをを引っさげてSSH生徒研究発表会に望んだあのパシフィコ横浜です。

   あれから3年。エリンギはロボットに,ポスターはモデル図に変わりましたが,掲げる目標の優勝は変わってません。エリンギでは勝ち取れなかった優勝を今度こそ取りに行きたいですね。


と,言うわけで

ETロボコンまだまだ続きます。趣味の工作もまだまだお預けです。

 もうちょっと,あと一ヶ月半頑張りますので思い出した時に心の隅で応援してくれると嬉しいです。



そいじゃまたノシ

俺はETロボコンを始めるぞーっ!!ジョジョーーーっ!!!!

イベントとか大会参加報告 ETロボコン

という訳で前回ちょろっと書きましたが、この度、学科のチームでETロボコンに出ることに。
晴れて僕も、いちロボコニストに。
www.etrobo.jp


当ブログ、ETロボコン終わるまでお休み(更新頻度低下)のお知らせ


   つきましては、今まで着手してたラズパイガンカメラはもちろん、当ブログはしばらくお休み…というか極端に更新頻度を下げさせていただきます。今は何が何でもETロボコンです。


   や、だってガキの頃からの夢だったんですもの「ロボコン」という名のつく大会に出るのが!!
   言ってしまえば僕らが出るETロボコンは、子供の頃から憧れたNHKロボコンとは全くもって別物なんですが、それでも僕は出たいんですよ!!!!!


   小学生の頃にテレビで見た、豊田高専かどっかのガシャンガシャンぐるぐる回っていち早くエリアを占領するロボットは今でも忘れません。(かなりアヤフヤです。間違ってたらすみません


   最近だと…あの可愛さからは想像できない跳躍制御、まさに羊の皮を被ったじゃんぺんの奈良高専。全自動ロボットが故にやること無いので操縦エリアで蕎麦を捏ねる鈴鹿高専。そして、ライトセーバーをぶん回して華麗に弾を弾き返すような鉄壁防御機構の北九州高専!!まさにロボコン界のダークサイドぉぉぉぉおおおお!!!!

   大学ロボコンだとロボミントンでしたね、早稲田の熱血キャプテンが印象的でした。


   一方僕はというと、琉大にロボコンは部ないんかー…とおもって、テレビでNHKロボコンを見て受信料を払う毎年でしたが、春に学科の教授から直々に「ETロボコン出てみらんかねー」とメールが。もう出るっきゃ無いっすよね。


  …とまぁ、NHKロボコンに比べればETロボコンはあまり表には出てこないわけですが、それでも僕は戦います。本職は機械屋だけども、ソフトウェアだけの勝負をします。

   それにこんな大口叩いちゃいましたが、僕自身、前身もノウハウも無いので正直いろいろ怪しい部分はありますが、、、とりあえずまぁ初参加ということで、どこまで通用するか出来る限りやってみたいと思います。




で、で、で更新に関連してですが、 例えば「新しいカブのサス変えたよー」とか「おニューのパソコン買ってきたー!!」等の記事は2ヶ月に1回書くかもしれませんが、今までみたいに基本的にアレ作ってコレ作って一週間のペースで進捗報告してっていったスタイルは取れないのでご了承ください。

…といっても、そもそも毎回毎回読んでくれてる人なんて居ないよな、うんw


そいじゃまたノシ